エクセルエポについて

ビーズバランス取扱いの接着剤では、針のような先端がビーズワークに最適な
1液タイプの「ビーズ用ボンド」が、使いやすさでピカイチですが
ほかに、接着力が強力な、2液タイプの「エクセルエポ」もあります。

e0246467_158697.jpg
※2液混合形エポキシ系接着剤は、主剤(A剤)と硬化剤(B剤)からなる2つの液剤を混合して使用する接着剤です。
完全硬化した硬化物は安定した樹脂になり、金属、ガラス、陶磁器など堅い物の接着に最適です。




1液タイプの「ビーズ用ボンド」は、細かい部分にピンポイントで使いやすい接着剤ですので
グリフィン糸やテグスの結び目などアクセサリーの端の始末などに最適です。

e0246467_158332.jpge0246467_158271.jpg
2液タイプの「エクセルエポ」は、2液を混ぜて使う手間がかかりますが
接着力が非常に強力で、耐熱、耐水、耐薬品性に優れていますので
カボションやルースを金属製の石座やセッティングに留めるなど、堅いもの同士の接着や
片穴の石にヒートンをつける革紐の端にフックやキャップをつけるなど
接着剤以外にはストッパーがない箇所の接着にも抜群の安心感を発揮します。


tips


「エクセルエポ」には、A液・B液・トレー・ヘラが入っていますが、セットのトレーは小さすぎて
2液を混ぜる作業がやりづらく、ヘラはヘラで、ビーズワークには大きすぎるのでとても使いにくいです。

e0246467_158093.jpge0246467_1575892.jpg
また、セットのトレーとヘラを毎回使い回すには、使用後に、トレーとヘラについた接着剤を
ティッシュなどで拭き取るという作業をしなければならず、これもまた、固まりかけた接着剤に
ティッシュがこびりついてちぎれてしまったりして、非常に扱いづらく
2液タイプは面倒という印象で、無意識に使用を避けてしまうことがあります。



そこで、セットのトレーとヘラは使用せずに
以下の代用品を使うと、ストレスなくスムーズに2液混合の作業ができます。

●トレーの替わりには、小さいポリ袋やビニール袋など。
※ビーズバランスでお買い物をした時に、商品が入っているポリ袋などが、少し厚みもあって作業しやすいです。
●ヘラの替わりには、ビーズワークで不要になった端材のワイヤーなど。
※金や銀製のワイヤーはもったいないので、真鍮線・銅線などで、0.5〜0.6mmくらいがおすすめです。

e0246467_1575642.jpg
ワイヤーは丸ペンチなどで半分に折り曲げて、先を丸い形にしておくと
スプーンのような感覚で扱えて使い勝手が良いです。
細かい作業は、ワイヤー反対側の尖ったほうを使ってください。



【簡単な使いかた】

e0246467_1575478.jpge0246467_1575290.jpg
【1】ポリ袋の上に、A液とB液を同じ長さになるように出します。
【2】折り曲げたワイヤーのスプーン部分で、A液とB液をよく混ぜます。


e0246467_1575069.jpge0246467_1574717.jpg
【3】ワイヤーのスプーン部分で接着剤をすくって必要な箇所につけます。
 ※細かい箇所につける時などは、ワイヤー反対側の尖ったほうを使用してください。
【4】使用後はワイヤーごと袋を折り畳み、燃えないゴミとして捨てます。
 ※ゴミの区分につきましては、自治体によって違いがありますのでご注意ください。

この方法だと、トレーやヘラを拭いたりする作業がないので、必要な時に周りのものでさっと作業できて
使用後はさっと捨てられて、ストレスが少なく効率がいいかなと思います。



【サンプル制作に使用した商品】

e0246467_1758311.jpgTL0073 エクセルエポ
○素材=A剤:エポキシ樹脂 B剤:ポリチオール
○サイズ=A剤:7.5g B剤:7.5g


※最新情報は[ビーズバランス]ホームページでご確認ください。→ URL:http://www.bead-balance.com/
※商品が入荷待ちや売り切れの際にはリンク先が表示されないことがあります。

by BB LABORATORY by beadbalance_tips | 2012-07-24 11:00 | ツール
Copyright © 2011 YUKI YOSHITANI All Rights Reserved.