ビーディングチェーンを使用したモチーフ

糸のように細くてしなやかなビーディングチェーン

ネックレスのサイド部分に使用されることが多いチェーンですが
しなやかで丈夫な特性を活かして、ネックレスやピアスのモチーフに形作ることも可能です。

※ビーディングチェーンは、下記のスケジュールで再販売予定です。
6/15金 発売予定 BP3451 アンティークブラスビーディングチェーン0.65
6/18火 発売予定 BP3489 アンティークシルバープレーテドビーディングチェーン0.75mm
6/26火 発売予定 BP3141 シルバーフィルドビーディングチェーン0.65mm

e0246467_1621373.jpg



こちらは「アンティークブラスビーディングチェーン0.65」を
まとめて形作った結びモチーフに、ブラックオニキスを合わせたネックレスです。
サイド部分は「レザーコード1mmナチュラル」を使用しています。
(レザーコードの結び目の作り方は、こちらの記事をご覧下さい。)

e0246467_16214638.jpg
e0246467_16214375.jpge0246467_16214431.jpg




e0246467_16214187.jpg
e0246467_16213946.jpgこちらは、同じ結びモチーフを
少し小さめに作ったピアスです。
ブラックオニキスの丸玉を通して
ピアスパーツは
GFシンプルフックピアスパーツ4」を
使用しています。

こちらのピアスパーツはカン部分が小さくて
結びモチーフの先端が入りにくかったので
ピアスパーツのカン部分を
少し大きめに調整しなおしてから
結びモチーフの先端を入れています。


tips 結びモチーフの作り方
e0246467_1827776.jpg

【1】「ビーディングチェーン」を長めに切って(画像の場合は長さ50cmで作っています)左右の端を手で持ち、中心あたりでひと結びします。【2】そのまま何度か、ひと結び、ひと結びと、結び目を増やしていき、結び目がある程度たまったら、【3】結び目の輪の中にチェーンを通したりからめたりしながら、ひとかたまりになるようにまとめます。【4】好みの形になったところで、モチーフの上部に左右のチェーンの端を出します。【5】2本のチェーンをつぶし玉に通してつぶし、少し隙間をあけて、再度つぶし玉を通してつぶします。つぶし玉とつぶし玉の隙間を利用して、丸カンやワイヤーなどを通します。(隙間がせまくて丸カン類が通らない場合は、オウルを通してチェーンをそっと広げてください)





【サンプル制作に使用した商品】

e0246467_17352032.jpgBP3451 アンティークブラスビーディングチェーン0.65
○素材=ブラス
○サイズ=太さ0.65mm
e0246467_17351912.jpgBP3440 アンティークブラスつぶし玉2mm
○素材=ブラス
○サイズ=φ2.1mm 厚み1.5mm
e0246467_17351773.jpgBP3360 レザーコード1mmナチュラル
○素材=レザー
○サイズ=φ1mm
e0246467_17351545.jpgPP0247 GFシンプルフックピアスパーツ4
○素材=ゴールドフィルド
○サイズ=縦15.5mm 横13mm

※最新情報は[ビーズバランス]ホームページでご確認ください。→ URL:http://www.bead-balance.com/
※商品が入荷待ちや売り切れの際にはリンク先が表示されないことがあります。

by BB LABORATORY by beadbalance_tips | 2012-06-12 11:00 | チェーン
Copyright © 2011 YUKI YOSHITANI All Rights Reserved.