ビンテージダークシルバー&ゴールドエンボスチェーン2をリング台に転用

ビンテージゴールド エンボスチェーン2」の輪っかコマを利用したリングです。

e0246467_14274547.jpg
e0246467_14595218.jpg


「エンボスチェーン2」の輪っかコマは、5枚重ね合わせると
ABACチェーン」のバチカン風コマで、ぎりぎりぴったり留めることができ
細かい装飾のついた、しっかりとしたリング台として転用することができます。

e0246467_14595375.jpg
作り方は、なるべくゆがみを直した「エンボスチェーン2」の輪っかコマ5枚を
「ABACチェーン」のバチカン風コマでかしめて、基本のリング台を作ります。
(このリング台の状態で、完成品として指に着けてもかっこいいです。)
輪っかコマ単独では20号〜22号くらいの大きめのサイズですが
バチカン風コマの数を増やすことでサイズを微調節することができます。
サンプルではバチカン風コマ3つ使用で、14.5号~15号になっています。


バチカン風コマには隙間ができますので、その隙間を利用して
ソフトフレックスビーズワイヤー0.36mm」で石をつけていきます。
ワイヤーは「エンボスチェーン2」の輪っかコマの間に納まって安定しますので
見栄えよく、装着感のよい仕上がりになります。

e0246467_14595585.jpg
石をつける手順は、センター両端のバチカン風コマから通しはじめて
右バチカン風コマ→つぶし玉→石→つぶし玉→左バチカン風コマ→後ろバチカン風コマ
という順番に、途中でつぶし玉をつぶしながら、ワイヤーをぐるぐる巻いていき
最初と最後のつぶし玉から、センター両端のバチカン風コマを通したぎりぎり
(写真の小さい丸の箇所)でワイヤーをカットします。


上のサンプルでは、スピネルのさざれを使用していますが
下のように、違う種類の石で作ってもかわいいです。

e0246467_1515975.jpg



同じリング台を使用したボリュームリング。

e0246467_1622956.jpg
e0246467_1622885.jpg


こちらは、最初のサンプルで使用したのと同じリング台を作り
「ABACチェーン」の長縄のコマで、チャーム留めした石をつけたものです。
サンプルでは、黒珊瑚のラウンドカット(8〜10mm)を
長縄のコマ1個に対して3個ずつ、全部で18個つけています。
使用したワイヤーは「アーティスティックワイヤーノンターニッシュブラス0.4」です。

e0246467_1622581.jpg
e0246467_162234.jpg
tips
サンプルのような石が沢山ついたアクセサリーで、石のおしりに飾りピンやドロップピンの先を出したくない場合は、画像右側のように「石を横穴向きに使用して、チャーム留めをする手法」で石を留めると、石のおしりにピン先が見えないように処理することができます。






【サンプル制作に使用した商品】

e0246467_1528776.jpgBP3197 ビンテージゴールド エンボスチェーン2
○素材=ブラス / ビンテージゴールドメッキ加工
○サイズ=横24mm 太さ2mm 1目の大きさ24mm
e0246467_1544075.jpgBP3193 ビンテージゴールド ABACチェーン
○素材=ブラス / ビンテージダークゴールドメッキ加工
○サイズ=横5mm 太さ2.5mm 1目の大きさ9mm
e0246467_15435816.jpgBP3088 ソフトフレックスビーズワイヤー0.36mm-9m アンティークブラス
○素材=ステンレス/ナイロン
○サイズ=φ0.36mm
e0246467_1528251.jpgBP2200 アーティスティックワイヤーノンターニッシュブラス0.4
○素材=真鍮 ○サイズ=φ0.4mm

※最新情報は[ビーズバランス]ホームページでご確認ください。→ URL:http://www.bead-balance.com/
※商品が入荷待ちや売り切れの際にはリンク先が表示されないことがあります。

by BB LABORATORY by beadbalance_tips | 2012-01-24 11:00 | チェーン
Copyright © 2011 YUKI YOSHITANI All Rights Reserved.