アンティークブラス透かしパーツをシンプルに使う

透かしパーツ1枚にチェーンをつないだシンプルなネックレス。

透かしパーツは、トップ用として売られている天然石などと比べると
非常に安価なので、ビーズワークをされるかたにとっては
安価な透かしパーツを1枚だけトップに使うなんて、手抜きに見えるのでは?
というような漠然とした不安感のようなものがあることもあり
なんとなく遠慮してしまいがちの使い方ですが、一般のアクセサリーショップでは
「金属で表現されたきれいなレースモチーフ」という捉え方のようで
透かしパーツ1枚使いのピアスやネックレスが売られていることも多く
道行く女性にも、お洒落に可愛く着けられているのを見かけます。

ビーズワーク時の先入観や遠慮をなしにして見ると、繊細で美しいデザインで
ボリュームがあるのにあっさりとしていて、お洋服と合わせやすいといった
これまで盲点だった、使いやすさや可愛らしさが見えて来るパーツです。

e0246467_1813566.jpg

e0246467_1815889.jpge0246467_18142777.jpge0246467_18143935.jpg
サンプルでは「アンティークブラスフィリグリーパーツラウンド1」に
ビンテージゴールド ラインオーバルチェーン1(オープンタイプ)」を合わせ
透かしパーツとチェーンのつなぎ目は「ビンテージゴールド 3-1チェーン」の1コマを
はずしたものをバチカンのように使っています。

アンティークブラスフィリグリーパーツオーバル1」には
ビンテージゴールド ラインオーバルチェーン2(オープンタイプ)」に
上記と同じように「ビンテージゴールド ABACチェーン」の1コマを
はずしたものを使用しています。

上記の場合、透かしパーツにも、チェーンにも、バチカン部分にも
細かい模様の入った組み合わせとなりますので、チープな感じにはならず
繊細でクラシカルな雰囲気がしておすすめです。

制作時間もかかりませんので、お気に入りの透かしパーツで一本作っておくと
ちょっとした外出時や、他のアクセサリーとの重ねづけなどにもとても重宝します。

tips
e0246467_1816466.jpgビンテージゴールド 3-1チェーン」「ビンテージゴールド ABACチェーン」のバチカン風コマ(画像の丸部分)には繊細な模様がついていますので、アクセサリーのジョイント部分に流用すると、普通の丸カンでつなぐよりも緻密で気配りのある感じの仕上がりになります。
アンティークブラスフィリグリーパーツラウンド1」の隙間には「ビンテージゴールド 3-1チェーン」が、「アンティークブラスフィリグリーパーツオーバル1」の隙間には「ビンテージゴールド ABACチェーン」が、ちょうどよいサイズでぴったり合うようです。

また、バチカン風コマ(画像の丸部分)は、普通の丸カンのように左右をつかんで上下に開くという開き方はできませんので、上下につかむとそのまま上下に、左右をつかむとそのまま左右に開くという開き方をします。この場合は金属部分が少し変形してひしゃげたり、普通に閉じただけではゆがみが直らず、カンに隙間があいてぴったり閉じることができない場合があります。その場合は、まずパーツを通してから、平ペンチなどで少しずつゆがんだ部分を直して、カンがぴったり閉じる元の形に戻してご使用ください。


e0246467_1864565.jpgもう少し何か工夫をしたい場合は
石やパーツ類をトッピング程度にちょっぴり
足しても可愛くまとまります。

左は、透かしパーツの下に
バチカン風に使用したチェーンと
同じチェーンを2コマつないで
淡水真珠をつないだもの。

右は「ハスケル メタルピン1」3本を
9ピンのように丸めて
チャームとして3粒つけたものです。

透かしパーツが薄いので、トップの1枚に
何か石やビーズを足したい場合は
サンプルの感じで、ほんの少しだけ足すと
バランスが取りやすい感じです。






こちらは、透かしパーツをメインモチーフに使用したブレスレットです。
「アンティークブラスフィリグリーパーツラウンド1」をセンターに一枚。
腕の丸みに沿うように、少し変形させて使用しています。
このパーツは薄めなので、手でそっとたわませるだけで簡単に変形・固定できます。

e0246467_1210190.jpg
サイドは、小さめの天然石(サンプルではインプレッションジャスパー)を
ソフトフレックスビーズワイヤー アンティークブラス」で、透かしパーツに直接つないでいます。

手順は、留め具側からスタートして、留め具側の端の処理(天然石→つぶし玉→圧縮コイルパイプ→つぶし玉→天然石)
→サイドの天然石を通す→透かしパーツとのジョイント(つぶし玉→圧縮コイルパイプ→透かしパーツを通す→つぶし玉)
→折り返してサイドの天然石を通す→留め具側の端の処理 という感じにしています。


e0246467_12101080.jpge0246467_12101997.jpg
tips
天然石を使ったブレスレットでは、石がついたモチーフ部分が留め具部分より重くなりがちなので、装着時には正しい向きで着けていても、気がつくと重いモチーフ部分がくるっと手首の下側に回ってしまい、手の甲にはいつも留め具部分が来てしまっている、ということも多いかと思います。

気にならない場合は特に問題はありませんが、ブレスレットが逆になるのが嫌という場合や、正しい位置にいちいち直すのがわずらわしいという場合は、このサンプルのように、モチーフ部分に薄めの透かしパーツや軽めの石(リバーストーン・オパール・琥珀・ウッド等)、留め具に近い部分には重めの石と、重量バランスを意識して配置したり、留め具のアジャスターに少し重めの石をチャーム的にぶらさげるデザインで作ると、センターよりも留め具部分のほうが重いバランスになりますので、ブレスレットを着けて動いてもモチーフ部分が下に回ってしまうことが少なく、自然に正しい位置におさまってくれる、使い心地のよいブレスレットに仕上げることができます。







【サンプル制作に使用した商品】

e0246467_18482533.jpgBP3116 アンティークブラスフィリグリーパーツオーバル1
○素材=ブラス ○サイズ=縦45mm 横36mm
e0246467_18492948.jpgBP3117 アンティークブラスフィリグリーパーツラウンド1
○素材=ブラス ○サイズ=φ36mm
e0246467_18502945.jpgBP3191 ビンテージゴールド 3-1チェーン
○素材=ブラス / ビンテージダークゴールドメッキ加工
○サイズ=横5.2mm 太さ1.5mm 1目の大きさ7.6mm
e0246467_1851267.jpgBP3193 ビンテージゴールド ABACチェーン
○素材=ブラス / ビンテージダークゴールドメッキ加工 
○サイズ=横5mm 太さ2.5mm 1目の大きさ9mm
e0246467_18532914.jpgBP2421 ビンテージゴールド ラインオーバルチェーン1(オープンタイプ)
○素材=ブラス / (ビンテージゴールドメッキ加工)
○サイズ=横2.8mm 厚み0.6mm 1目の大きさ3.5mm
e0246467_18542093.jpgBP2422 ビンテージゴールド ラインオーバルチェーン2(オープンタイプ)
○素材=ブラス / (ビンテージゴールドメッキ加工) 
○サイズ=横3.5mm 厚み0.8mm 1目の大きさ4.5mm
e0246467_137108.jpgBP3088 ソフトフレックスビーズワイヤー0.36mm-9m アンティークブラス
○素材=ステンレス/ナイロン ○サイズ=φ0.36mm

※最新情報は[ビーズバランス]ホームページでご確認ください。→ URL:http://www.bead-balance.com/
※商品が入荷待ちや売り切れの際にはリンク先が表示されないことがあります。

by BB LABORATORY by beadbalance_tips | 2011-12-27 11:00 | アンティークブラスパーツ
Copyright © 2011 YUKI YOSHITANI All Rights Reserved.